どんなところから借りるのがベスト?ビジネス資金調達!

ビジネス資金のサポートは、どんなところを頼るべきなのか?

自分の手持ち資金でビジネスを始める!

「お金を借りる…。」一番初めに思い浮かぶのはやはり銀行ですよね?
銀行から融資を受けられれば、安定的な資金源になりますね。
どうやって銀行から融資を取り付けるか…?
銀行からの融資を受けるためには、いくつかのハードルを越えなくてはいけないそうです。
事業計画書や、決算書を出して、それを相手側の銀行が見て、「このビジネスだったらやっていける!」と思わせる必要があります。
ある程度の実績がないと、融資を取り付けることが難しく、一番初めの初期投資に銀行から融資を得るのは、難しいのが現状のようですが、ビジネスが軌道に乗り出し、ある程度実績を上げていることが証明できると、融資をしてもらえることも簡単になるそうです。

では、初期投資はどうすればよいか?
おすすめなのが、「創業投資」と言われるものだそうです。
都道府県、市区町村が、その地域の発展のため、新しいビジネスを始めたいと思っている人に融資をしてくれる、というものだそうです。
まだビジネスの実績があまりなくても、その地域の発展に貢献できる!と考えられた場合、融資をしてくれる可能性が高いそうです。また金利も1パーセントもしくはそれ未満だそうで、負担も少ないことが魅力だそうです。
まず都道府県や市区町村に問い合わせてみることが初めの一歩になるようです。

そのように、初めに「創業投資」で資金を調達し、その後、ビジネスが軌道に乗ってきたら、銀行に自分の事業計画書や実績をアピールし、融資を取り付ける…、といった方法が一般的だそうです。

最も一般的!銀行からの融資

もし、自分の持っているお金でビジネスを始めることが出来たら、誰に対しても、返済の義務がありませんよね。今は、インターネットの普及などで、パソコン一台あれば始められるビジネスというものも存在するのだそうです。 そういった自己資金でビジネスを始めるときのメリットやデメリットを考えてみましょう。

個人投資家やベンチャーキャピタル

ビジネス資金を調達するにあたって、銀行から融資を取り付けたり、創業融資を利用したりする方法の他に、個人投資家やベンチャーキャピタルと言われる人々から資金を融資してもらう方法があります。 個人投資家やベンチャーキャピタルと言われている人々はどういった人々なのでしょうか?

クラウドファンデング

また、最近注目されている資金集めの方法として、クラウドファンディングというものがあります。 クラウドファンディングとは、クラウド(大衆)とファンディング(財政的な支援)を組み合わせている言葉で、不特定多数の方々から資金調達を行うことだそうです。

Page Top