最も一般的!銀行からの融資

自分でお金を作る

まず、手持ちの資金を増やすには、どこかの会社に勤めて給料を得てそれを貯金することですよね。
でも、ビジネスを始めたいと考えている方は、そんなに待っていられない!早く始めたいと思われるのではないでしょうか?
地道な作業になりますが、自分の持っている高価なブランド品などを、売ってお金にするということも一つだそうです。

ビジネスを始めるというのは、ある程度、大変なことです。切り詰めた生活をしなくてはならない時もあるでしょう。初めに、自分の持っているものを出来るだけお金にして、そして事業を始められれば、気持ちにも気合が入りますし、良いかもしれないですね。

その場合、どこで売るか?ということも大切です。
一般的なリサイクルショップよりは、メルカリやヤフオクなどのインターネットを通した売買のほうが、高値で買ってもらえる可能性が高いそうです。

知人、親族に借りる

知人、親族に借りるのは、自己資金として分類されます。
銀行からの融資や創業投資などと違って、いつまでに返さなくてはいけない、というプレッシャーは少ないですよね。
ただ、家族や親族からお金を借りた場合、事業がうまくいかなければ、その責任を共に負うことにもなります。
また、お金を借りたり貸したりしているため、人間関係に亀裂が入ることも考えられます。
誰から借りることが出来たとしても、その方がたも資金に限度があるため、ビジネスの途中で資金切れになる可能性も高いそうです。

そのデメリットを考えると、自己資金だけでビジネスを始めるためには、よほど設備投資を小さくして負担を少なくする、あるいは、綿密に計画を立てて利益が出るようにする、と最大限の注意が必要だとのことです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top