個人投資家やベンチャーキャピタル

個人投資家から融資を取り付ける

今、世間では「個人投資家」という言葉をたまに聞きますよね?
個人投資家とは、会社や法人の資産ではなく、個人のお金を株式などに投資する人々のことだそうです。
一般的に、そういった個人投資家の人々は、ご自身でもビジネスを立ち上げ、その会社が上場したりして多額のお金を手に入れ、その資金をさらに新しいビジネスに投資といった場合が多いようです。

個人投資家は、株式と交換で資金を融資してくれます。
会社の株式を渡すというのは、その株式の所有割合によっては、会社に対する権利も増すということになります。
そのため、銀行から融資を受ける場合などと比較してみますと、個人投資家が会社の経営に関わってくるという場合もありえます。
ですので、どんな人物から投資してもらうかは、慎重に決めたほうが良いようです。

ベンチャーキャピタル

もう一つの方法に、ベンチャーキャピタルから投資をしてもらうという方法があります。
ベンチャーキャピタルとは、企業の株式を購入することによって投資をし、その会社の株の価値が上がった時にその株式を売却して、その差額でもうけを出すといった人々だそうです。
ベンチャーキャピタルから投資を受けていると、「この会社はどこどこのベンチャーキャピタルから投資を受けているからある程度信用できる」とさらに他からの融資を取り付けやすくなったり、仕事の提携先を紹介してもらえたり、経営のアドバイスをもらえたりするメリットがあるようです。
しかし、個人投資家の場合と同じように、株式を購入してもらっているので、経営についてベンチャーキャピタルの意見を取り入れなければならない状況にもなりえるとのことです。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top